未だに解明されていない部分

正解中で愛されている宝石の一つであるダイヤモンドには、様々な種類がある。

一般的に有名な色は無色透明であり、取引価格とその価値は最も高くなっている。

ダイヤモンドには、他にも様々な色があり、それぞれに高い人気がある。

色によって無色透明のダイヤモンドのように、かなりの高い価値を持つものもあれば、比較的価値が低いものもあるため、同じ大きさのダイヤであっても、全く異なる鑑定結果が出る場合もある。

ダイヤモンドの色は、無色透明、ホワイト、イエロー、ピンク、レッド、オレンジ、パープル、バイオレット、グリーン、ブルー、ブラウン、グレー、ブラックと、かなりの種類がある。

このほかにも、更に希少価値が高いダイヤとして「レアダイヤモンド」と呼ばれているものも存在している。

これには、1つのダイヤの中に2色入っているものや、温度などによって色が少しずつ変わるという特殊なものもある。

このほかにも、まだたくさんの種類がある。

希少価値が高いため、出会える確率が低く価格がかなり高いダイヤではあるが、世界中で人気と需要が高くなっている。

ダイヤモンドには、このように様々な色があるが、なぜ色が原石によって変わるのかは未だに解明されていない部分が多い。

今のところ分かっていることとしては、一部のカラーのダイヤは生成過程で、何らかの不純物を含んだために色が付いたということである。

全てのダイヤがそのようにして色を帯びているわけではないため、これから更に研究を進めて解明していくことになる。

ダイヤモンドの色は、生成過程で何らかの原因があり、自然に色が付く場合もあれば、人工的なものも数多く存在している。

ダイヤには、このように色がどのようについたのかで分類する方法もある。

この場合は、ナチュラルとトリートメントの2種類に分類する。

前者は自然に色が付いたダイヤを指し、後者は人工的に放射線を当てたり、分子構造を少し変えるなどの方法で色を付けたダイヤを指す。

上からコーティングして色を付ける方法も出てきている。

ナチュラルは人の手が加えられているため、トリートメントに比べるとその石本来の価値が低いとみなされ、価格は安くなる傾向にある。

あまり金をかけずに安くダイヤモンドを手に入れられるということで、世界中で人気を集めている。

このような技術によって、今までは手が届かなかった高価なダイヤを、誰でも気軽に手に入れることができるようになった。